任意整理

任意整理の概要

任意整理とは,債務者と債権者の話し合いによって,債務の整理を行う手続きです。

任意整理を行うと,一括請求されていた債務を分割にできたり,債務の金額自体を減額してもらえることもあります。以前は,過払金が出て,返ってくるほうが多いという事案も多くありましたが,最近では,過払い金が発生する事案はあまり見なくなりました。

債務の分割回数は3年が一つの基準ですが,債権者の種類や債務の種類によって様々です。債務自体の減額は,基本的にはあまり期待しないほうが良いですが,弁護士が介入して債務整理を行うと,債権者によっては,大幅な減額をしてくれる場合もあります。但し,任意整理はあくまで話し合いです。債権者の同意が必要であり,どのような条件で同意するかは債権者の一存にかかっています。

手続の流れ

1 受任通知の発送

任意整理を行う場合,まず弁護士は債権者に対し,「受任通知」という書面を送ります。受任通知には,弁護士が介入して債務整理を行うことになったこと,ついては債務額を把握したいので債権者が有する債権の額等について回答してほしいこと,債務者本人やその家族には連絡しないでほしいこと等が記載されています。受任通知を出すことによって,債権者からの請求は一切止まります。これによって債務者は,平穏な生活を取り戻すことができます。債権者が連絡する先は,債務者から弁護士に変わり,債権者からの様々な問い合わせに対し,弁護士が窓口として対応を引き受けることになります。

2 債務額の確定

1週間~1か月程度で,債権者から債権額の回答が出そろいます。これにより,債務の総額が正確に把握できます。利息制限法の利率を超えているものについては,引き直し計算を行います。これにより,債務額が減ったり,過払いが出たりすることもあります。そのような計算を経て,債務の総額が確定します。過払いが発生していれば,債務の返済に充て,なお残った債務の返済について検討します。

3 減額の交渉・返済計画の立案

債権者との間で,債務額の減額の交渉,分割回数の交渉を行います。どのような条件で債権者が応じてくれるかは,債権者次第です。

4 債権者との合意

債権者との返済条件の合意ができたら,合意書を作成します。

5 返済の開始

合意書の締結が終わったら,合意に基づいた返済の開始です。返済事務(振込作業)をやってくれる事務所もあるようですが,余計な手数料がかかるのが通常です。当事務所ではそのような事務は行っておりませんので,ご自身で毎月振込作業を行っていただきます。

任意整理のメリット・デメリット

メリット

  • 裁判所を通さないため柔軟な和解が可能。
  • 手続きが簡単。
  • 借金の原因がギャンブル等でも利用可能。
  • 債権者が少ない場合は弁護士費用が比較的安く済む

デメリット

  • 信用情報(いわゆるブラックリスト)に載ることは破産手続きと同様。
  • 債務の減額はあまり期待できない。
  • 合意ができなければ訴訟や差し押さえを止める効果はない。

弁護士による茨城県エリア 債務整理・自己破産相談

新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019(相談予約受付時間:平日・土日祝日8時~24時)

メール・FAX(24時間受付)

まずは無料相談をご利用ください。

初回相談無料

新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019(相談予約受付時間:平日・土日祝日8時~24時)

メール・FAX(24時間受付)

無料でお受けできない相談内容もございます。詳細はお問合わせ下さい。

守谷取手本部事務所
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
日立北茨城事務所