裁判所からの身に覚えのない通達、架空請求かもしれません

突然裁判所から郵便物が届いた!開封すると訴訟の文字が…そんなことがあったら誰だってびっくりしますよね。
身に覚えがない場合は架空請求の可能性があります。

裁判所からの通達、架空請求の場合

慌てて電話をかけるより、まずは落ち着いて内容を確認しましょう。

「金額が少ないから払ってしまおう…」はやめよう

架空請求というと数十万円くらいの金額を想像してしまいそうですが、実は数万円程度までの「払える金額」を設定している場合が多いです。

実際には架空請求なのですが、アダルトサイトを閲覧した経験があったりする方は信じてしまったり、そうでなくても「アダルトサイトを見たことが公になってしまうよりは、これくらいの金額なら払ってしまおう」と考える方もいらっしゃいます。

しかし、一度払ってしまうと「脅せば払う」と認識されるので、ターゲットとなり、次々と言い訳をつけては請求してくるようになってくることがあります。そうなると、アダルトサイト閲覧を隠すどころか、手に負えないほど金額ばかりが膨れ上がっていくこともあります。

一番重要なことは「無視する」こと

全く身に覚えのない内容だったら、一番重要なのは無視することです。

架空請求をする業者は、同様の内容を何十、何百と別な人に送りつけていて、そんな中から騙される人を見つけ出します。

ですので、無視したところで何の問題もありませんし、一度連絡してしまうと何度も何度も連絡が来るようになり、精神的に追い込まれて、やむなく支払う、といったこともありますので、絶対に連絡しないようにしてください。

裁判所からの連絡は確認必須です

ただし、書面が本当に裁判所から届いたものであれば、相手が実際に訴訟をしている場合があります。

裁判所からの出廷要請などを無視するとかえって不利益になってしまいますので、以下2点に留意しながら内容物をよく確認してください。

  • 記載されている裁判所の情報が正しいか(電話番号など)
    電話番号などが違っていたら確実に詐欺なので連絡しないようにしましょう。
  • メールやハガキ、普通郵便などできていないか
    裁判所が送付するのは「特別送達」という、非常に特殊な郵便です。一般的な方法で送付することはありません。

「特別送達」で実際に裁判所から来たものであれば裁判所に必ず連絡してください。

架空請求の方法は巧妙化しています

このように、最近の架空請求の方法はとても巧妙化しており、詳細なマニュアルに従って行われている場合が多いです。

偽物でも一見本物かと見まごうこともありますし、記載されている番号に電話するとそれらしき人物が専門用語を並べて説明してくるので、混乱してしまう方も少なからずいらっしゃいます。
ですのでもしご不安な場合は、法律の専門家に相談するのも良いかと思います。

弁護士法人法律事務所DUONは茨城県全域で、様々な法律の問題を解決しておりますので、お気軽にご相談ください。初回相談料は無料とさせて頂いております。

法律相談のご予約

トラブルに巻き込まれたら、早期の相談が重要です。ご相談はお早めにどうぞ。

新規相談受付専用ダイヤル:050-8881-2775(お電話での相談予約受付は平日9時~22時)

相談予約フォーム

詳細はお問合わせ下さい。

水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
常総守谷事務所
日立北茨城事務所
主なお客様対応エリア