離婚問題:弁護士に相談、委任することは?

このコラムをご覧になっている方の多くが離婚問題の当事者でしょう。
そして「話がまとまらずに協議離婚では済みそうにない」「弁護士に相談した方が良いのか?」などについて思い悩んでいるのだと思います。
弁護士に依頼する前に「相談や委任って何をするの?」といった疑問をここで解消して頂くために、私たち法律事務所DUONの考えを中心にご説明します。

離婚で弁護士に相談 委任すること

弁護士に依頼する「相談」「委任」について

依頼される方に弁護士が提供するのは、大きく分けると

  • 相談
  • 委任

のふたつになります。

弁護士に相談する

離婚をお考えで、最初から「法律に詳しい」方はほとんどいらっしゃいません。
ですが、これまでのコラムで述べて来たように離婚とは法の下に婚姻関係を解消することですし、離婚するまでの法的な手続きや条件なども、法に従い、そして不利にならないように進める必要があります。
ですので

  • ご自分の中に問題を抱えてしまっている
  • 周囲の知人などに相談している

こういった方が弁護士に相談すると、それまで気づくことのなかった法律的な問題点が明らかになってきます。ですから弁護士に相談するのは非常に大切なことだと思います。
ただし相談する際には、どうしても費用がかかってきてしまいます。その点を考慮し、DUONでは初回相談料の一部を無料にして

  • 依頼される方の負担を軽減する
  • 少しでも相談しやすいようにする

このようなことで、みなさまにより身近に法律相談に来て頂けるように配慮しています。

弁護士に委任する

多忙な生活の中で離婚に関する様々なことを、法の知識のもとに代行してくれるのが弁護士に委任することのメリットです。

  • 相手方との交渉、裁判の対応など
  • 相手方との交渉が難しい場合は「離婚調停→離婚訴訟」と、強制力の強い段階に進みながら離婚問題を解決

こういったことを弁護士があなたに代わり対応してくれます。

委任すべきかどうかはケースバイケースで、委任した方が良い場合、委任する必要がなさそうな場合があります。これは実際に弁護士と相談しながら決めるのが一番良いと思います。

なお、委任する際に心配になるのが「弁護士費用」だと思います。弁護士費用は高額だというイメージがありますが、ほとんどの弁護士は

  • 弁護士報酬
  • 依頼された方の満足度

上記、双方のバランスを大切にします。弁護士費用を支払う依頼主様がその金額に相応の満足度を得られないと判断した場合は、無理に委任を勧める弁護士はほとんどいないはずなので、ご安心頂ければと思います。

法律事務所DUONの離婚に関する費用は以下をご覧下さい。
法律事務所DUON:離婚に関する料金

夫が、妻が弁護士をつけていても焦りは禁物

あなたが弁護士への相談や委任を検討しているように、当然相手方も検討どころか、すでに相談しているかもしれません。ある日突然、弁護士の名前で内容証明郵便が届くことも珍しくはないのです。

例としては

慰謝料として、2週間以内に、金●円振り込むように。
振り込みまたは連絡がない場合は、やむなく法的手続をとる場合があります

といった内容などです。

初めての方はとてもびっくりされると思いますが、ここで慌ててはいけません。「相手方が請求する金額を必ず支払わなくてはいけない」というわけではないからです。
こういった場合はまず落ち着いて、内容証明を持参して、弁護士のもとに相談に行って頂ければと思います

法律事務所DUONは茨城県常総市に事務所を構えており、つくば近郊にお住まいの方中心にご相談頂いておりますが、「落ち着いて相談したい」と首都圏からお越しになる方もいらっしゃいます。
みなさまのお力になれればと考えていますので、ぜひご相談下さい。

(弁護士 片島 均:プロフィール

法律相談のご予約

トラブルに巻き込まれたら、早期の相談が重要です。ご相談はお早めにどうぞ。

新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019(相談予約受付時間:24時間(年末年始除く))

相談予約フォーム

詳細はお問合わせ下さい。

守谷取手本部事務所
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
日立北茨城事務所
主なお客様対応エリア