示談、治療費の打切り、後遺症・・交通事故のお悩みについて

つくば土浦事務所所長からひとこと

弁護士法人法律事務所DUONでは、今まで数多くの交通事故被害者からご相談をいただきました。ご相談の中で多いものは

  1. 保険会社から治療費の支払いの打切りを打診された
  2. 保険会社から賠償額の提案をされているが妥当な金額かわからない
  3. 後遺障害等級の申請を考えているがどうしたら良いか

ですが、この他にも死亡事故や過失割合、物損について等様々なご相談をいただいています。
交通事故の賠償の実務上は、一般の方からすると請求ができないと思って諦めているものでも法律上請求が可能なケースがあります。
たとえば、兼業主婦の方で、相手方保険会社からは、パートのお給料の減収があった分のみしか休業損害を払えないと説明されているケースで、最終的には、パートのお給料を超える金額で主婦休業損害を請求できた事例等があります。
交通事故の損害賠償請求は、手間をかけた方が賠償額が上がるという側面は否定できません。ご自身で手間をかけるよりも、弁護士に依頼した上で、弁護士が手間をかけた方が賠償額も大きく変ります。
治療をスムーズに行ない、ご納得のいく賠償金で解決することをサポートできます。
交通事故問題でお困りの場合は、是非DUONにご相談ください。

弁護士法人法律事務所DUON
つくば土浦事務所 所長

過去のご相談例

つくば土浦事務所ではこれまで多くの交通事故に関わるご相談頂いています。本ページでは、いままでご相談いただいた事例の中から良くあるご質問をまとめました。
なお、実際にご相談を受けた内容から当記事作成用に相談内容及び回答を加工していますので、実際にご相談頂いた内容及び回答そのものではありません。
過去のご相談例の記事は、順次追加予定です。
DUONの交通事故特設サイトもご覧下さい。

1 ご依頼について

ご依頼について、ご質問等がある場合はお気軽に初回無料相談をご利用ください。

2 後遺障害について

後遺障害の等級が認定されるか否かによって、賠償額が2倍程度変わることも珍しくありません。また、症状固定時期とも密接に関係する問題ですので、ご自身で安易に判断しないようにしてください。お悩みがある場合は、弁護士にご相談ください。

3 死亡事故について

悲しみに暮れている遺族に対し、相手方保険会社から失礼な態度を取られるということも珍しくなく、このような場合はご遺族にとって相手方保険会社と話すことも苦痛になります。死亡事故の場合は、弁護士に依頼した方がよいケースがほとんどです。
弁護士にご相談ください。

4 物的損害について

軽微な物的損害のみの場合も、弁護士費用担保特約を利用して、弁護士を付けられる可能性があります。茨城県近隣にお住まいの場合はお気軽にDUONにご相談ください。


法律相談のご予約

トラブルに巻き込まれたら、早期の相談が重要です。ご相談はお早めにどうぞ。

新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019(相談予約受付時間:24時間(年末年始除く))

相談予約フォーム

初回無料。無料相談の分野はお問い合わせください。

守谷取手本部事務所
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
日立北茨城事務所