相手方に通帳の履歴の開示を請求しようと思いますが、どれくらいの期間の履歴の開示を要求すれば良いですか。
私は、今妻と離婚裁判の係争中ですが、妻が私の給料を貯金して貯めているのではないかと考えています。財産分与の請求をしたいと考えており、この度妻に通帳の開示を要求しようと考えていますが、通帳のコピーはどのくらいの期間の通帳の開示を求めれば良いでしょうか。

少なくとも別居時点の残高がわかる預金通帳のページのコピー及び銀行名や支店や名義人がわかるページ(表紙や、表紙を1ページめくったページに通常は記載があります)のコピーは必要です。それ以上については、ケースバイケースです。お金の動きを追うためにどれくらい遡れば良いかという観点から必要な期間を考えてみましょう。特に考えがない場合は、少なくとも別居時点から1年前くらいから(別居時点が平成28年12月1日であれば、平成27年12月1日くらいから平成28年12月1日分くらいまで)を取得した方が良いでしょう。お金の動きは1年周期のものがありますので(例えば、クレジットカードの年会費)、1年分の通帳の履歴を取得後、必要があれば遡ってさらに過去の分を要求するという方法も考えられます。
また、ページ数がほとんどないのであれば、一気に2年分や3年分の履歴のコピーを取得することもあり得るでしょう。


法律相談のご予約

トラブルに巻き込まれたら、早期の相談が重要です。ご相談はお早めにどうぞ。

新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019(相談予約受付時間:平日・土日祝日8時~24時)

相談予約フォーム

初回無料。無料相談の分野はお問い合わせください。

守谷取手本部事務所
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
石岡小美玉事務所