交通事故の身代わりや替え玉はどんな罪?

以前からしばしば問題になっていましたが、最近、運送会社の身代わり(替え玉)事件で「組織内で横行していた」という非常に悪質な状態だったことが大きくニュースで取り上げられています。

この身代わり、替え玉はどのような罪になるのでしょうか。

事故の替え玉とは

夫が捕まると生活に支障が…ということで、妻が出頭すると…

 

交通事故犯人の替え玉、身代わりとは

実際の事故の加害者の代わりに犯人を装って出頭することを、マスコミ等では「替え玉事故」と言います。

この替え玉事故は個人のケースでもとても多く見られます。例えば

  • 運転者が飲酒していた
  • 運転者が無免許だった

などという場合は運転者に重大な過失が認められます。同乗者も「知っていて運転させた」場合は相応の責任が生じてきます。

そうなると「身代わり(替え玉)にした方が良いな…」と考えてしまうようです。

ところが、事情聴取などをしているうちに「どうもおかしいな」となり、替え玉だということがバレてしまうことになります。

替え玉はどんな罪に問われるか

替え玉が捜査機関に判明した場合、替え玉になった当人は実際には事故を起こしていないので交通事故では罪に問われません、そして交通事故としては実際に起こした本人が有罪となります。

しかし、替え玉犯人は「犯人隠避罪(はんにんいんぴざい)」という罪になります。これは刑法103条に以下のように定められており、刑事責任に問われることになります。

罰金以上の刑に当たる罪を犯した者又は拘禁中に逃走した者を蔵匿し、又は隠避させた者は、2年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。(刑法103条)

替え玉になった犯人の刑は、一般的には二年以下の懲役もしくは一万円以下の罰金ということになっておりますが、

  • 事故の規模・重大さ
  • 進んで替え玉になったのか、強要されてやむなくなったのか

などで罪の程度は異なってきます。

裁判で嘘をついていると偽証罪にも

替え玉犯人のまま事故が裁判になってしまった際に、もし証人として証言を行っていて、後から替え玉がバレてしまう…こうなりますと「犯人隠避罪」に加えて、虚偽の陳述をした、つまり「偽証罪」にも問われる可能性があります。偽証罪は刑法169条でこのように定められています。

法律により宣誓した証人が虚偽の陳述をしたときは、3か月以上10年以下の懲役に処する。
(刑法169条)

甘く見ていると沢山の人が処罰されます

このように、

  • 事故を起こした人は道路交通法違反等
  • 替え玉になった人は刑事事件

としてそれぞれが罪に問われることになります。

さらに、第三者が「身代わりを立てた方が良いのでは?」などと働きかけた場合は、その人が

  • 犯人隠避罪の教唆犯

として、罪に問われる場合があります。

替え玉などを行うことは絶対にやめましょう。

また、組織ぐるみで行っていると、処罰される人がどんどん増えていくのは、ニュースなどで見る通りです。このことから、替え玉をすることがどれほど悪質な犯罪なのかがお分かり頂けると思います。

茨城県全域で活動する法律事務所DUONは、多くの交通事故の問題に携わり、解決して参りましたので、お困りの方はご遠慮なくご連絡ください。初回相談料は無料とさせていただいております。

法律相談のご予約

トラブルに巻き込まれたら、早期の相談が重要です。ご相談はお早めにどうぞ。

新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019(相談予約受付時間:平日・土日祝日8時~24時)

相談予約フォーム

詳細はお問合わせ下さい。

守谷取手本部事務所
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
石岡小美玉事務所