慰謝料について

慰謝料請求

現在の裁判実務上は、慰謝料請求が認められるケースは限定的といわざるを得ません。自分がひどい目にあった場合に当然に慰謝料を請求できる分けではないです(例えば、単なる暴言のみの場合は、慰謝料の請求は難しいことが多いです)。
現在の裁判実務上、慰謝料が認められるのは、(1)相手方が第三者と肉体関係を持っている場合(2)暴力によって傷害を負わせられた場合の2パターンにほぼ限定されています。
但し、暴言等の程度がひどい場合は、慰謝料請求が認められた事例もありますし、慰謝料額を増額した事由になっていると考えられる例もあります。弁護士に相談してみることをお勧めします。

関連Q&A

慰謝料請求をするために証拠を集める

相手方が、不貞行為や暴力を争わない場合は、原則として証拠は必要ありません。
但し、不貞行為があったこと自体は認めていたとしても時期や回数を争ったりすることは珍しくありません。
また、当初は不貞行為を認めていても、訴訟になった時に前言を翻すことは離婚事件では珍しくないことです。
不貞行為が疑われる場合は、証拠の収集を行いましょう。また、暴力によって傷害を負わせたことを相手方が否定する場合も医師の診断書等の証拠を確保しましょう。
証拠の収集方法等については、弁護士にご相談ください。

慰謝料の金額の相場

事案にもよりますが、不貞行為の場合は、慰謝料の金額は100万円~300万円程度が相場と考えて良いでしょう。一般の方からすると、裁判所で認められる慰謝料の金額は思っているよりも少ないのかも知れません。もっとも、一般論ですので、個別の事案によって慰謝料の金額は大幅に変わります(裁判官によっても評価が変わることがあります)。
弁護士にご相談ください。

関連Q&A

法律相談のご予約

トラブルに巻き込まれたら、早期の相談が重要です。ご相談はお早めにどうぞ。

新規相談受付専用ダイヤル:050-8881-2775(お電話での相談予約受付は平日9時~22時)

相談予約フォーム

詳細はお問合わせ下さい。

水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
常総守谷事務所
日立北茨城事務所
主なお客様対応エリア